ローコードテスト自動化ツール T-DASH

2021.11.1 OPENβ版提供開始
日本語の テストケースで 自動化
プログラミング 不要
テスト回数 制限なし
T-DASHの画面サンプル
ソフトウェアテスト自動化改革
ソフトウェアテスト自動化改革
ローコードテスト自動化ツール
まずは無料で機能を実感!
※日本マーケティングリサーチ機構調べ。調査概要:2021年6月 ブランドのイメージ調査
IT関係者が推薦するテスト検証会社4年連続No.1
Webアプリケーションテストこんなお悩みありませんか?
時間
テストに多くの時間を取られている
時間
設計から実施までカンタンにテストをしたい
時間
コストをかけずにまずは試してみたい
時間
現在使っているツールよりカンタンなツールに乗り換えたい
そのお悩み、 T-DASHで解決
T-DASHはWebアプリケーションの
動作確認・検証を
コードを書かず
カンタンに作成・実行できる
テスト自動化ツールです。

T-DASHがカンタンに使える理由

導入がカンタン
POINT 01
導入が カンタン
ローコードでカンタン
POINT 02
ローコードで カンタン
テスト準備がカンタン
POINT 03
テスト準備が カンタン

T-DASHの特長

見やすいダッシュボード
見やすいダッシュボード
テストの回数無制限
テストの回数無制限
無料でも利用可能
無料でも利用可能
※機能制限や広告あり
プロジェクト別で管理
プロジェクト別で管理

テスト実行までの流れ

STEP 1
対象の画面と
動作を定義
面倒な設定は一切不要!
STEP 2
日本語でテストケース作成
STEP 3
ワンクリックで実行
バルデス株式会社
ソフトウェアテストの実績豊富な
バルテスが提供しています
ソフトウェアの品質テストを行なう私たちバルテス株式会社は、これまでに培ったテストの知見を活かし、テストの品質向上と効率化を実現しながら誰もが利用できるサービスを目指してT-DASHを生み出しました。
IT関係者が推奨するIT技術セミナー2年連続No.1 IT関係者が推奨するテスト検証会社4年連続No.1 IT関係者が推奨するセキュリティ診断4年連続No.1 ITエンジニアが選ぶ求人サイト利用満足度4年連続No.1
HEROZ
「ゆもつよメソッド」の
湯本剛氏監修
テスト分析の「ゆもつよメソッド」でお馴染みの湯本剛氏に開発時よりツールを利用してもらい、機能改善などの監修を受けています。テスト業界をリードするバルテスと、業界の第一人者でもある湯本氏との最強タッグでT-DASHは今後も大きく発展していきます。
プロフィール
工作機器メーカーにて生産管理システムの構築メンバーを経て、テストリーダーとして数多くのアプリケーションの開発に携わる。その後ソフトウェアテストのコンサルタントとしてテストプロセスの改善、テストツールの導入支援、テストの教育などを行い、現在はfreee株式会社にてQAエンジニアとして従事。また、個人事業を行う株式会社ytte Labを創業。NPO法人ASTER理事、ISO/IEC JTC1/SC7 WG26 幹事(ISO/IEC/IEEE29119 テストプロセス標準の策定)。テスト分析手法「ゆもつよメソッド」でも有名。博士(工学)。

導入までの流れ

メール
STEP 1
お問い合わせ
サイト内各所に設置のOPENβお申し込みフォームより、必要事項記入の上お申し込みください。
お申し込み後、QUINTEEアカウント発行の案内が書かれたメールが配信されます。
メール
STEP 2
OPENβ版
メールの案内に従って、アカウントの設定、ツールのダウンロード、ライセンスキーの発行を行い、ご利用を開始ください。
OPENβ公開時には現在利用可能なすべてのサービスが無料でご利用いただけます。

OPENβ版公開中 今すぐ無料で使える!

OPEN-β期間
2021.11.1~
2022.1.31
機能制限なし
機能制限なし
自動課金なし
自動課金なし
即日利用可能
即日利用可能
テストのバルテスから日本語でテストケースを作成できるT-DASHのOPENβ版を公開いたします。
このOPENβ版公開期間中は現在T-DASHに搭載されているすべての機能を無料で利用することが可能となっています。
他のテストツールを導入している企業さま、まだ自動化ツールを試してみたことがない企業さまもこの機会にT-DASHにぜひ触れてみてください。
※OPENβ版提供終了後も無料版(広告あり、機能制限あり)のご提供をいたします。
プランの期間と機能比較
プランの期間と機能比較

よくあるご質問

ライセンス認証が使用するポート番号は?
ライセンス認証のプロセスにおいて、T-DASHではTCPポート443を使用してhttps://mypage.quintee.ioに接続し、ライセンスの利用可否を確認します。
* Webブラウザで以下のURLにアクセスしページが表示できるか確認します。
  URL: https://mypage.quintee.io
アクセスがタイムアウト失敗する場合、プロキシの設定を行う必要があります。
設定方法に関する詳細は、契約しているプロバイダ、またはシステム管理者にお問い合わせください。
OPENβ版だけの利用でも大丈夫でしょうか?
可能です。OPENβ版期間中にT-DASHを利用していただき、もし満足できないようでしたら、OPENβ版提供終了時にご解約できます。また、OPENβ版期間終了時に有償製品版への自動契約などはございませんのでご安心ください。製品版提供後も無料プラン(広告・機能制限あり)がありますので、そちらのご利用も可能です。
会社の複数メンバーでT-DASHを使用したいのですが可能でしょうか?
可能です。トライアル申し込み後、QUINTEEアカウントを発行しますので、そちらで必要数分のライセンスを発行し利用いただけます。
T-DASHのバージョンアップはどうしたらいいですか?
QUINTEEマイページより最新のアプリケーションのインストーラを入手し、バージョンアップを実施してください。
他の自動化ソフト用に作成していたテストケースがあるのですが、それを直接アップロードして使用することは出来ますでしょうか?
自然言語で書かれた一覧形式のテストケースであれば使用することは可能です。
どんなアプリケーションテスト(PC、スマートフォン)に対応していますでしょうか?
OPENβ版ではWebアプリケーションのテストのみに対応しています。有償製品版リリース後はスマートフォンアプリ、ブラウザに対応する予定です。
T-DASHの動作環境は何に対応していますでしょうか?
現状はWindows 10 64bitに対応しております。有償製品版リリース後はMac OSも順次対応する予定となっています。
自動テストがうまく動きません。
大変お手数ですが、テスト対象、動作しない内容について、support@quintee.io(サポート窓口)までご連絡いただければ、弊社エンジニアでご確認、ご回答させて頂きます。
1回のテスト実行にどのくらいかかりますでしょうか?
テスト実行にかかる時間は、実行するケース数に比例します。有償製品版リリース後は並列実行のサポートを行う予定ですので、実行時間は短くできるようになります。※テスト実行回数に一切の制限はありません。
機能制限なしでお試し
OPENβ版
お申し込み
くわしくはこちら
閉じる
お問い合わせ/
資料請求
OPENβ版
お申し込み